たまもの''も''

おびなたです。練習日記みたいなやつです。

並行世界といろいろ。

だいぶいろいろと疲れちゃってるので、6月の個ロード終わったら自転車おやすみします。

たぶん。

 

乗れなくなるまで休めなかった去年を繰り返す気がする。

 

ーー

 

ずっと感じてたものに近い表現してる漫画を見かけたので、、
f:id:tamamonomo:20220522103912j:image

武村沙紀 漫画家 on Twitter: "「腹を切って死のうとした話」① 鬱で死んで蘇って赤ちゃんになった私の話です。 ぜんぶ捨てて心で生きたらどうなるのか。渇望の記録です。 #漫画が読めるハッシュタグ #エッセイ漫画 #コミックエッセイ #漫画… "

より。

 

並行な2つの世界。裏と表。

 

ずーっとこんな感じ。

 

外から見たら充実してる自分に対して、冷めてる自分・俯瞰してる自分が常にいる。

 

最近始まった事じゃなくて、気がついたらそうだった。

だから周りの人が''普通''どうなのか分からない。

 

 

ーーー

 

だいぶ沈んでた今年の冬にACっていう症状があることを知った。

原因はいろいろだけど、特徴として挙げられてるものはだいたい当てはまる。

 

その一部↓

・褒められて戸惑う(嫌悪、疑い、喜べない)
・~べき思考
・深読みする(言葉の裏を読む)
・白黒思考
・ポジティブな言葉への拒否反応(ありのまま、自分を大切になど)
・どうせ私は…と卑屈になる
・人との距離感に悩む

・初対面の人はわりと平気
・親しくなるのに抵抗がある
・親しくなると距離感に悩む

https://twitter.com/Poche77085714

より。

 

この他にも当てはまりすぎてグサグサくるやつがたくさんある。

 

全部Twitterから拾ってきてる時点でお察し…だけど、なにも分からないまま悶々としてるよりマシ。

 

自分の中で根深いのって

・考えすぎること

・人と親しくなりきれないこと

・自分が嫌いなこと

かな。

 

自分を受け入れるとか好きになるってむずかしいよなぁ。

 


f:id:tamamonomo:20220522110528j:image

↑戒めとして壁紙にしようかな。

 

 

がんばったらちゃんとお休みしよう。

 

おしまい。

部活って。

GWの疲労がやっと抜けてきました。

 

休んだ僕は強い、って言い聞かせてる。

 

こうやってちゃんと休めるようになったのも成長。

 

ーー

 

ずっと引っかかってること。

 

帰省中の食事の最中に、自分の部活や自転車に対する思いを親に話してたらやんわり否定された。(ちょっと酔ってたから本心じゃないのかもしれない)

 

部員のほとんどにやる気が見られないこととか、口だけで終わってるヤツが多すぎることとか、部活をやる以上は大会に出て上を目指して欲しいとか。

 

そんな愚痴みたいなことを僕が言ってたら、

そんなこと思ってるのはお前だけだし、もっと気楽にやらなきゃダメだ、と。

 

今までを否定された気分だった。

その場で言い返したかったけど、収集がつかなくなるのはわかってたし、やっと出来た家族の時間をぶち壊したくなかった。

 

ってかなんで気を使わなきゃいけないんだろう。

 

だから家って苦手だ。

 

1対1ならなんともないのに。

 

ーーー

 

言いたかったことは理解出来るし、応援してくれてるのもわかってる。

 

頑張りたいヤツがちょっと我慢して、週末土曜日にしか乗らない(声を掛けないと自分から乗ろうともしない)ヤツの相手をしたり、どうやったら練習に来てくれるかを考えたり。。

 

サークルならいいけど、一応部活だぞって思う。

 

そういうやつに限って就活とかで部活頑張りました〜とか言うんだろうし。

 

頑張る人を応援したいし、みんなで強くなりたいのに上手くいかないよなー。

 

全員がインカレを目指して一生懸命にやるべき、とは思ってないけど(それが理想だけど)、せめて目標をもってやってほしい。

 

その目標を見つける手伝いをやらなきゃいけないんかな。

 

ーー

 

いろいろあって精神的に疲れた帰省だったな。

長野は好きだけど。

 

おしまい。

いいやまクリテ。

やっぱり長野の春は綺麗ですわ!
f:id:tamamonomo:20220502171145j:image

 

ーー

飯山クリテリウム2days、どっちもただ完走しただけ。

 

レース前の目標は怪我なく安全に帰る、だったから目標は達成したけど、終わってからモヤモヤが残ってる。

 

負けること、勝てないことに慣れすぎた。

 

 

2日目の宮本の昇格が目を覚まさしてくれた。

 

 

純粋にすごいと思ったし、かっこよかった。

 

 

それと同時にちょっと悔しかった。

 

自分もああなりたいと思った。

 

 

 

クラス3で昇格しようと頑張ってる仲間に対していくら言葉をかけたって、自分が同じレースを本気で走ってなかったら無意味だよな。

 

レースに出るからには挑戦しよう。

 

もちろん楽しいことが大前提。

 

楽しくなかったらもっと無意味だもん。

 

 

今年は関学練メンバーがみんな昇格するまで、僕もできるだけレースに出て挑戦したいな。

 

 

おしまい。

 

 

綱渡り。

自分への誕プレとしてサウンドバーを買ったら、全ての音がアップデートされてウハウハになってます。

 

テレビと全く釣り合ってないけど気にしない、気にしない。

 

いい音はQOLを上げる。

 

 

ーーー

 

3月は感情の綱渡りが上手くいったっていう感じ。

 

長野帰って1週間ちょっと遊び回ったり、しまなみ旅したり…

 

普段の生活をいかに上手く乗りこなすかってことを結構意識してた。

(((''乗りこなす''っていう表現使ってみたかった)))

 

ネガティブに支配されないように、その日起こったこと、やったこと、やらなかったことを受け入れる。

 

その積み重ねで自分を受け入れられるようになるのかな。

 

 

感情・気分の浮き沈みの''浮き''のところでいろいろやろうとして結局上手くいかずにより''沈む''みたいなことを繰り返してた今までとは違って、いい感じの凪の状態。

 

このままいけばなんだかんだ全てが上手く行きそう、そう思えるようになった。

 

 

 

受験期を超えた過去最低の状態だった1,2月をなんとか乗り越えることが出来て、しばらく体験してなかった*1いい感じになれてる。

 

 

自分を好きになるっていう最終目標に向けて、自分を受け入れる。

それができるんじゃないか、そう思えるようになっただけでここ数ヶ月の意味があったと思う。

 

 

 

 

頑張りすぎない。

 

ほどほどに。

 


f:id:tamamonomo:20220407194924j:image

 

おしまい。

 

 

 

 

 

*1:もしかしたらはじめての

はりちゅう

最近コーヒーを豆から淹れるようになってQOL爆上がりしてます。

挽く前の豆の香りも、挽いたあとの粉の香りも、淹れる時に粉が膨らむ感じも、みんな好き。

飲むまでの過程も楽しめるのがコーヒーの魅力だと思う。知らんけど。

 

ーー

 

サイクルエンデューロin播磨中央公園に参加してきました。

 

 

新しくなって長くなったはりちゅうでの2時間エンデューロ

 

 

前日土曜日に行われたレースは時計回りで行われたみたいだったけど、今回は反時計回り。1周約7.3km。


f:id:tamamonomo:20220405011108j:image

試走した感じとしては半分過ぎくらいの登り返しがキツい(①のところ)ってことと、後半のくねくねしたゆるアップダウン(②の周辺)のコース幅がせまく、コーナーがタイトで危ないなってことくらい。

コースの左半分、鈴鹿サーキットみたいだよね。(伝われ

 

 

アップがてら2周していろいろ準備してたらすぐに出走時間。
f:id:tamamonomo:20220405112009j:image

西崎はGoProが付かなくて発狂してた。おもろい。

 

スタート3分前くらいに並びに行ったら全カテゴリー約100人くらいの最後尾。

先頭は遙か彼方。見えない。草。

 

三人で仲良く並んでたらGoProが自転車にやっと付いた西崎が喜声をあげてた。

うるさかった。草。

 

 

 

半周くらいのローリングで先頭付近まで位置を上げてリアルスタート。

 

同日で舞洲で実業団レースがあったため、カテゴリーの人数は少なめで強力な選手が多い訳ではなかった。

 

けど、関西CXで無双してる高校生の柚木君がいたので注目しておこうと思ってた。

 

全日本CXチャンピオンだし、西チャレも勝ってるスーパー高校生で、確実に逃げてくるだろうと思っていたら、案の定一時間もしないうちに高校2人逃げが決まってそのまま逃げ切り。

強すぎる。草。

 

 

逃げが決まったのはたぶん上のコース図で③のところ。緩い登りが続く区間

 

いろいろ考えてみたけど、ここでアタックする以外で逃げを決めるのは難しいんじゃないかと思った。

 

長い下りが終わって集団が緩みがちな区間だし、だんだん斜度が上がっていく緩斜面で登りが終わって下ったら割とすぐに1番キツい①の坂がある。

 

もし①でアタックしてもその後の下りと②のくねくね区間で追いつかれやすい(最終周回はそうなった)し、みんな①は警戒してるから決まりにくい。

 

って考えてると③でヌルッと抜けだしたのは最適解なのかなって思った。

 

どこまでレース中に考えているのかは分からないけど、そういう判断ができることも強さなんだろうなって思った。

 

 

高校生2人に取り残された集団は人数を減らしながら周回を消化。

特に①でアタックが散発してたけど、すぐに追いつかれることを繰り返してたからやっぱ難しいんだと思う。

 

 

1時間過ぎた頃につりそうになってピンチだったけどマグオン飲んでごまかしたらなんとかなった。

 

補給は賞味期限切れマグオン3つと750mlボトルに粉飴とCCDとBCAAをテキトーに混ぜたドリンク一本。

ちょうど使い切れた。

 

 

最終周回も①で(③の後半かも)1人抜け出し1人がそれを追う動きをみせて、2人とも終始活発に動いていたので決まるかも??と思い追いかける。

 

②のくねくねが始まるくらいでは僕含めた3人と集団の差が少しあったけど、くねくねしているうちに追いつかれて泣いた。

 

ここまで来たらゴール前で頑張るしかないので諦めて集団内でおやすみ。

 

なんだかんだで2,3番手くらいをキープできてゴール手前の直線でアタックしてそのままゴール。

 

絶対に誰かに捲られると思ってたからそのままゴールできたことに自分が1番びっくりした笑

 

 

ゴール手前の位置取りでやや無理矢理キープしようとしたことと、ゴール前のアタックで勢い余って危うくカーブ曲がりきれないところだったのは反省。

学連だったらいいけど(?)仕事がある社会人と一緒に走るレースは安全第一で走らなきゃなって思った。

 

 

理想はスーパー高校生の逃げに覚悟を決めて乗って逃げ切りで勝つことだったと思うけど、レベルの高い集団内でレースできたことはとてもいい経験だった。

 

 

2時間のNPは270wちょい。ちょうど4倍くらい。

インカレは最低このパワーで倍の時間走れないと完走はないって考えると相当厳しいなって思う。てかそんなに走れるヒト、頭おかしくね???

 

ま、今年は無理せず楽しんで自転車乗るって決めたのでなんとかなるっしょの精神でやっていきます。

 


f:id:tamamonomo:20220405111941j:image

 

おしまい。

 

機嫌を取るってむずかしい。

20歳超えたらもう年取りたくないです。

 

なんか急に現実突きつけられた気がします。

 

あとは老いるだけかぁ、になってる。

 

ーーー

 

長野に帰ってきて以来、スノボやら温泉やらで充実した日を送ってる。

 

これからの予定も埋まりつつあるし、とっても楽しみ。

 

 

 

 

こうやってネガティブな感情もなく楽しく過ごせてるのって、数週間前の自分からは考えられない。

 

 

ただ今のいい感じの状態が、気分の浮き沈みの''浮き''でまた沈んでしまうんじゃないかって不安になる。

 

ここ最近いい状態でいられてるけど、結構綱渡りな感じ。

 

少し間違えたら落ちてってしまう、そんな感じ。

 

 

 

 

自分の機嫌を取るのが難しすぎる。

 

 

今までは外に感情を出すことはあまりなかったけど、その分溜め込んでた。

 

溜め込むんじゃなくてそれを上手く消化しつつ、ネガティブに支配されないこと。

 

他人の気持ちも自分の気持ちも同じくらいわからん。

 

だからせめて自分をわかりたい。

 

 

 

自分の機嫌をとる。

拳で抵抗21歳の目標です。

 

 

 

おしまい。

 

 

べきにんげん。

3日前に勢いで始めた部屋の模様替えですが、計画性が無さすぎて日に日に部屋のゴミ屋敷化が進んでます。

 

かろうじて足の踏み場が見えるくらいです。

 

完成したらいい感じのおしゃん部屋になる予定なんですけど、なんか無理な気がしてきました。

 

来週までに片付くといいな。

 

ーー

 

 

昨日、カウンセラーさんとお話してたら、「''べき''が多いよね」って言われた。

 

そんなこと思ったことなかったけど、実際その通りだと思った。

 

"~べき'' だったり''~なきゃいけない'' が多すぎる。

 

 

 

やるからには本気でなきゃいけない、

練習しなきゃいけない、

頑張らなきゃいけない、

時間を有効に使わなきゃいけない、

 

 

とか思ってたのが、

 

 

趣味は楽しむべき、

休むべき、

遊ぶべき、

自分を好きになるべき、

 

 

みたいに変わっただけだった。

 

 

何かを変えなきゃいけない、何かしなきゃってどうしても考えてしまう。

 

時々そうやって思うことはいいことなんだと思うけど、今の自分には必要ない。

 

 

矛盾だらけでいいじゃん。

 

 

おしまい。